2018.04.07

ブログ

糖化ケアサプリメント

 

こんにちは。エステの高峰です

炭水化物大好きな私が前々から気になっていた糖化についてお話したいと思います。

数年前からアンチエイジングの世界では、老化の原因になる糖化に注目が集まっています。

 

糖化ととは、余分な当分がタンパク質と結合して、変色・劣化させること

当分を取りすぎると体内の余ったタンパク質に結合してしまいます。これを『糖化反応』といい、AGEsという老化タンパク質が生成されてしまいます。これは健康なタンパク質の構造が変化したものであり、本来の機能を果たすことができずその働きを失います。

 

糖化が進むと全身に悪影響

ヒトは年齢を重ねていくことにより、AGEsが体内に蓄積していきます。

糖尿病合併症(白内障、腎症)、動脈硬化、アルツハイマー病などの病態を有する方は健常者に比べて、AGEsの蓄積が進んでいるといわれています。

骨にAGEがたまると、骨がもろくなり骨折しやすくなるそうです。

骨だけでなく関節の軟骨にもAGEがたまり、腰痛やひざ痛を生む原因になるそうです。

70代の方の目の水晶体をのぞくと、AGEがたまり、茶色くなっているそうで

皮膚のしわ、たるみ、くすみ、弾力の低下もこの糖化によって起こります。

髪の毛に糖が取り込まれると、切れ毛などのダメージを引き起こしやすくし、くすんでツヤがなくなるそうです。

 

抗糖化ケアのために

体内に糖化した劣化タンパク質を貯めないためにも、

血液中の糖の量(血糖値)を急激に増やさない生活習慣を身につけることが大切です。

1、まず野菜を食べること(食物繊維が重要)

2、運動すること

3、糖をとりすぎないこと(炭水化物)

そして、ハーブが抗糖化に有効で、カモミールティー、ドクダミ茶、甜茶等が糖化を抑制してくれます。

その混合ハーブエキスが配合された糖化ケアサプリメントがこの度、新発売となりました。

その名もT・ブロックです。

1箱(90粒/30日分) ¥8000(税抜)

安心の国内製造で、臨床データに基づいたハーブの配合量です。

当院大人気の飲む日焼け止めでおなじみのU・ブロックに続く人気商品となりそうです